» 女性が苦手な点のブログ記事

タイヤケアは「スキンケア」と同じ。
毎日のチェックこそが、一番大事なんです。
下記の記事をお読みください。

女性ドライバーでもタイヤの空気圧点検は簡単にできる!

女性ドライバーが空気圧点検をするために、タイヤ店に入店してくるというのは本当にまれなケースだ。それなら自分で空気圧点検を行っているのかというと、そんな光景を見た人はたぶんまずいないだろう。

自動車教習所のカリキュラムでタイヤの空気圧点検実習でもあれば、タイヤ自体へのアレルギーや抵抗感、あるいは「わからないし、どうでもいいじゃん」といった無関心は少しはなくなるのだろう。しかし、それでもクルマのメンテなどは男性の仕事と考える女性は減らないだろう。いつになってもタイヤの偏磨耗がなくならない背景には、実はそんな事情があるのだ。

タイヤの空気圧点検はたった2分もあれば終わる作業であり、空気圧が適正であれば偏磨耗は起きにくいのだ。これほど「もったいない」精神が再評価されてきたというのに、ことタイヤに関しては話は別なのだ。タイヤという3文字が、いやタイヤという真っ黒なブラックホールのような存在が、ことの本質を見えなくさせてしまっているといえよう。

平日にクルマを使うのは家庭を守っている女性が多いだろうし、チャイルドシートに子供を乗せていれば、タイヤの空気圧低下で後部座席の乗り心地が悪くなるので、実は子供に負担をかけている場合もあるのだ。だからタイヤの空気圧が少なくて曲がる時にハンドルが重かったり、坂道で加速が鈍かったりしたら、気軽に近くのタイヤ店を利用してみるといい。

女性ドライバーが入店してきて、「タイヤの空気圧点検をしてください」なんて頼まれたら、タイヤ店のスタッフは必ずや喜ぶだろう。消費者心理では「入店したらタイヤや用品を買わなければ・・・」だろうけど、この場合の提供者心理は「空気圧点検ならいつでもしますよ」なのだ。

タイヤの点検は本当に大切。
車検のときだけ、2年に一回だけのチェックなんて、もってのほか。
無関心では、いずれ痛い目に遭いますよ。

プロダクトが見つかりません

プロダクトが見つかりません

スポンサーリンク

Link

助手席彼氏 2 -運転も恋も若葉マークー (寺島拓篤)

ドライブデートCDシリーズ 助手席彼氏CD 3 ふたりっきりのシーサイドドライブ (CV.岡本信彦)

普通に運転したい! 悩み解決カンタン運転術

運転のコツ記事


  • Warning: file_get_contents(http://shift-up-club.com/atom.xml) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/users/0/lolipop.jp-1014fab516d697c9/web/car/wp-content/plugins/blogroll-rss-widget/blogroll-widget-rss.php on line 453